初心者でも参考にできる株価ランキング > IPO投資におけるメリット・デメリット

IPO投資におけるメリット・デメリット

手のひらに乗っている「?」マーク

IPO投資は、投資の初心者でも利益を出しやすいメリットがある一方で、落とし穴となる様々なデメリットも存在します。
投資方法に選ぶ際は、メリットとデメリットの両方を考慮して投資を決める事が大切です。

代表的なメリットは、抽選に当選さえすれば利益を出しやすい事です。
公募価格が最初から分かっていて、それ以上の初値を付ける事例が多いため、公募価格で1単元を購入する資金さえあれば利益を出すチャンスになります。
通常の株式投資と異なって値動きを読む必要性が薄く、抽選に当選する事に成功すれば利益を出せる可能性が高いという、シンプルな点も魅力の1つです。

一方、デメリットには公募割れが起きる可能性もあるという点があげられます。
IPOは公募価格よりも初値の方が高い事例は多いものの、必ずしも初値が高いとは限りません。
期待したよりも初値が高くならなかったり、値動きが悪い場合は公募割れをしてしまう事があります。
この場合は、せっかく抽選に当選したとしても損が生じる事になってしまいます。

この他に、メリットともデメリットとも言える事として資金運用の効率があります。
IPOの抽選に申し込むには、証券会社によっては購入に必要な資金が口座に存在する事が条件です。
資金が無ければそもそもIPOの申し込みができないので、需要申し込みから実際に当選して売却するまでの間、他の銘柄に投資できない事になります。

IPOの抽選に当選して、初値が高くなれば効率の良い投資ができた事になります。
しかし、抽選から外れてしまうと本来投資するはずだった投資対象を、逃してしまった事にもなるでしょう。
このように、IPOは利益を出しやすいというメリットや、当選が利益を約束する訳ではないというデメリットの他にも、考えるべきポイントがあります。

余剰資金が比較的多い場合は、IPO投資のメリットが活きるでしょう。
資金量が少ない場合は、IPO投資はローリスクで資金を増やしやすくなるメリットはありますが、別の銘柄に投資した方が結果的に利益が多く得られる可能性もあります。
メリットとデメリット、そしてどちらにもなる要素も考慮して投資を決める事を大切です。

IPOの公開タイミングを知るには

IPOの公開タイミングは、証券会社やIPO投資の情報サイト等に掲載されています。
どの銘柄がいつ上場するのかというスケジュールがわかりますし、公募価格の額面や1単元の株の数等もわかるでしょう。
こうした情報源を上手く利用し、IPOの公開タイミングを把握することで、IPO投資で利益を得る計画を立てやすくなります。

基本的には、証券会社毎に公開しているスケジュールを参照する事になるでしょう。
全ての会社が同じ銘柄を取り扱う訳ではなく、会社毎の取り扱い銘柄や割れ当てられた株の数も違います。
証券会社毎に違う銘柄や、公募条件を参照していきながら、どの銘柄に投資をするかを考えていく形になるでしょう。

IPO投資のスケジュールを一覧にしたサイトの情報は、IPO投資の全体計画を立てていく事に適しています。
どの銘柄も需要申し込みを受け付ける期間と当選日、購入手続きを行う期間という段取りで進んでいきます。
全体のスケジュールを把握しつつ、どの証券会社で需要申し込みを受け付けているのかをチェックしていけば、資金を有効活用してい計画を立てやすいでしょう。

両者を併用して公開タイミングを知る事は、重要な事です。
IPOスケジュールを一覧にしたサイトは、リアルタイムで更新している訳ではありません。
この為、公開タイミングを始めとする様々な情報が更新された場合、対応しきれない事もあります。

情報の更新が早く確実なのは、証券会社のウェブサイトです。
全体スケジュールのチェックは便利ですが、情報の確実性を増していく為に、基本として証券会社のウェブサイトを利用するようにしましょう。
公開タイミングがずれると計画の調整や立て直しが必要な事もありますので、情報はこまめにチェックしておくべきです。