初心者でも参考にできる株価ランキング > 急激な株価の変動は仕手株の疑いがある

急激な株価の変動は仕手株の疑いがある

様々な銘柄のチャートを見ていると、なだらかな動きをしていたところに突然大きく上下する動きが加わっているものがあります。
企業が出したIR情報をもとに上下することもあれば、何の前触れもなく突然乱高下するようなこともあります。
何の前触れもなく上下するような銘柄を「仕手株」と言います。

こうした動きが起きるのは、普段売買されないような銘柄に突然大量の売買注文が入ることで、一気にストップ高やストップ安になるためです。
株は信用取引をすることもできるため、仕手株になると必ずしも上昇するとは限りません。
会社が倒産することで利益を出す人もいるのです。
信用取引では高く売った株を倒産後に安く買い戻せば差額が利益となります。
こうした資金を持っている多くはヘッジファンドなどで、特に海外のヘッジファンドが仕手株を作り上げることが多くあります。

ヘッジファンドがなぜこのような売買をするかというと、株価を操作することによって、自分の都合の良い価格で売買をするためです。
仕手株になると個人投資家も短期的な利益を出すために注目します。
ヘッジファンド以外の投資家が資金を流し込むことでさらに大量の注文が入り、数日間ストップ安やストップ高になることもあります。
一人の投資家や会社が大量に株を取得すると申告が必要になるため、わざと名義を別の人にして大量の注文を重ねることもあり、一般の投資家では見分けがつかないよう偽装されてしまうのも問題でしょう。
その銘柄を信じて長期保有している人にとっては、このような価格操縦は大きな危険になってしまいます。

為替のように市場が大きな金融商品と違って会社の株は資金力さえあれば操作しやすく、大きな値動きの波に乗ろうとする集団を飲み込み、投機的な取引がされるようになります。
うまく動きに乗ることができれば利益を出すことができますが、失敗してしまえば多額の損失を生んでしまう危険もあります。
特に信用取引で仕手株を売買する場合は注意が必要です。

仕手株の対象になりやすい株の傾向

仕手株になりやすい株とそうでない株があります。
取引高ランキングの上位に食い込んでくるような銘柄では、ヘッジファンド以外にも様々な投資家や金融機関が取引に加わっているため、少しの資金では大きな値動きを作り出すことができません。
大手企業は仕手株になりにくいので、こうした急激な暴落に巻き込まれる危険性は低いでしょう。

仕手株になりやすいのは小型株と呼ばれる金額も低く、普段あまり売買がされていないような銘柄です。
取引量が少なければ少額の資金でも板に出ている注文を処理することができるため、一気にストップ高やストップ安にすることができるのです。
会社がどれくらいの株を発行していて、誰がどのくらい持っているかも確認しておく必要があります。
創業者や経営者、長期保有が目的とみられる銀行などの金融機関が一定量の株を保有している場合は、市場で取引される株の量が制限されるため仕手株になりにくくなります。
大株主がいないような小型株では仕手株になる可能性があるので注意しなくてはなりません。

仕手株になることで一時的に大量の資金が出入りして活発な値動きが形成されますが、次第にその動きも落ち着きます。
高値で購入してしまうと売り抜けるチャンスを失ってしまうことにもなるので、仕手株に大量の資金を使うのは危険でしょう。
値動きが活発化して上昇した株価は、突然暴落することも珍しくありません。
そのようなタイミングでは他の集団も売り注文を重ねてくるため、動きに拍車がかかることになります。
大きく上がったあとに大暴落をして元の水準よりもさらに下がり、結局元の株価に戻るといった動きをすることもよくあるのです。

短期売買をしている人には、仕手株は絶好のチャンスになることもありますが、企業を応援する目的で株を購入するトレーダーや金融機関は長期保有を目的としているため、仕手株にされてしまうと資産が危険にさらされてしまいます。
こうした値動きに巻き込まれても損をしないよう、資金は複数の銘柄に分散させておいたほうが良いでしょう。