初心者でも参考にできる株価ランキング > ビットコインを購入した時にやっておきたいこと

ビットコインを購入した時にやっておきたいこと

近年では仮想通貨が話題になっており、誰しもが一度は耳にしたことがあると思われます。
2017年には仮想通貨法が導入されるとともに、ビットコインを中心とした仮想通貨の価値は一年間で数十倍にまで膨れ上がりました。
それでもビットコインに関する知識をしっかり把握している人も少なく、詳しい仕組みを分からないまま過ぎ去っていった経験者も多いでしょう。
仮想通貨の入手方法はマイニングでコツコツ掘り起こすか購入する必要があります。
一般の人は、仮想通貨マイニングのやり方を知らず難しいので手を出すことはほとんどないでしょう。
しかし、ビットコインを購入した時にやっておきたい点がいくつかあります。

まずは仮想通貨の仕組みを把握するために、セミナーなどに参加してみるのが良いです。
一体ビットコインは何のために生まれたのかという疑問の声が非常に多いです。
もともとはネット上のお金としての役割を担っていましたが、換金や手数料がかなり安く抑えられることから、日常生活にも浸透していきました。

例えばお金を海外に送金する際には、一般的に多くの手数料を取られるのが難点でした。
場合によっては数千円もかかってしまうケースも少なくありません。
しかしビットコインを送金する場合ほぼ無料というくらいの破格プライスで送金が可能であるため、将来は世界の通貨になる可能性も考えられます。

そして時価総額を毎日確認しておくのも重要な要素です。
ビットコインを中心とした仮想通貨は需要が高まっていても、価格変動率は凄まじい勢いで動きます。
朝起きてみると時価総額が日本円で3分の1まで暴落した日も記録されているため、利益を出すタイミングを逃すことはできるだけ避けたいものです。

またビットコインを購入した後は、実際に使ってみると実態感を得やすくなります。
最近ではビットコインによる決済手段が世界中で増加しています。
このような店では国内に限らずに海外でも使用することが可能であり、電子マネーと同じように使えます。
その国の通貨に換金せずに使用できるという点が最大の魅力でもあり、これからは海外旅行も便利な時代になることは間違いないでしょう。

ビットコインを購入するタイミングの計り方

ビットコインは未来の通貨になると予測されており、今からでも購入して資産運用をすることができます。
しかし購入するタイミングとその計り方を学んでおくと、上手に資産運用できる確率が高まります。

仮想通貨は毎日価格が変動するため、理想は一番安い時に購入することが望ましいと言われます。
例えば有名な取引所であるZaifでは、ビットコインの時価総額は一時220万円を超えた時期がありました。
しかしその後は半分にまで暴落して、2018年になってからは下落傾向が目立っています。
この220万円の時に大量に買った人は、今は大損をしている人が多いと考えられます。

重要な点は安い時のタイミングを見つけて、定期的に購入するドルコスト平均法が初心者には向いています。
これは安い時には多く買って、時価総額が上がった時は少ない量を購入するというバリュー平均法と呼ばれることもあります。

例えば1BTC=100万円の時に5つ購入すると考えます。
これが90万円になるとまた5つ購入して110万円になると1つ購入することで、価格の平均値をできるだけ安価に抑える効果があります。
この方法だと利益は少なくなりがちですが、同時に損失のリスクも少ないことから精神的な負担も少ないことで知られています。

このようにビットコインは購入するタイミングをしっかり計ってドルコスト平均法やバリュー平均法を利用することで、初心者でも簡単に資産運用が可能です。
その際にセキュリティーが良いとされるZaifなどの大きい取引所を選択することが重要です。
セキュリティー対策がしっかりしている取引所を見つけることで、自分が保有しているビットコインを守ることができるため、精神的にも安心できると考えられます。